岐阜と愛知の話し方講座|アトリエシャンティ|犬山・江南・多治見・可児出張可能

人材育成に悩んでいないですか?有能な部下が育つ人材育成法。

人材育成に悩んでいないですか?

アナタが人材育成うまくいくためのアドバイス!

 

みなさん、こんにちは。

お仕事をしていると後輩育成を任せられることが

1度や2度経験があるのではないでしょうか?

 

人材育成はとても大事ですよね。

会社の将来は人材で決まるといっても過言ではないでしょう。

良い人材を育成できるか、あなたの腕が試されています。

 

 

会社においては、人事担当者や役職者はもちろんですが、

そうでなくてもキャリアに応じて必ず必要になってきます。

そうはいっても人材を育成するのはなかなか大変ですよね。

 

 

人材育成の際に

こんなお悩みありませんか?

 

 

・部下がなかなか言うことを聞いてくれない

・言うことを聞かない部下に注意できない

・どのように人材を育成していけばいいか分からない

・周りに人材育成についてお手本になるような人がいない

・セミナーを受けたいがたくさんあるので、

どのセミナーを受けて良いか分からない。

 

人材育成はとても大事ですが、習得が難しいのも事実です。

 

どうやって教えていけばいいかわからない、

周りに聞ける人や教えてくれる人がいない、

という方も多いと思います。

 

今日は良い人材育成のための

3つのポイントを紹介します。


部下の話をしっかりと聞く姿勢を持つ   

 

部下がなかなか言うことを聞いてくれない、

思うように動いてくれない。

 

あなたの職場にはそんな部下がいませんか?

そんなときあなたはどのような行動をとっていますか?

 

・しっかりきびしく注意する

・不満ではあるけど面倒なことを避けて注意しない

 

あなたはどちらでしょうか?

状況にもよりますが、どちらも正解ではありません。

 

正解は、まず部下がなぜそのような行動をとっているか

しっかり聞くです。

 

部下は正しいと思ってやっていたのに厳しく注意されると、

モチベーションが下がってしまい逆効果です。

 

とはいえ何も言わないのも本人のためになりません。

 

まずは部下の話を良く聞いて理解させることが重要です。

まずは良く聞く、ということを心掛けてみて下さい。

 

相手の事を信じてやらせてみる   

 

部下は知識や経験がないからといって、

1から10までをすべて細かく指示をする。

 

このようなやり方をしていませんか?

 

もちろん最初は必要なのでしょうが、

常にそのやり方では部下は育ちません。

 

ある程度分かってきたら、

部下を信じて大雑把な指示だけをして

見守るという姿勢にしてみてはどうですか?

 

そうすれば部下は信頼されていると感じて、

りがいを持って意欲的に

取り組むのではないでしょうか。

 

もちろん失敗もあるとは思いますが、

そんなときは部下の話をよく聞いて

次に失敗しない方法を一緒に考えていけばよいと思います。

お互いに信じあえる関係を作っていくことが重要です。

 

仕事以外の関係も大事にする    

 

人を育成するときに

仕事の事を教えるのはもちろん大事なのですが、

それだけになっていませんか?

 

人の育成においては

親子の関係も上司部下の関係にも

共通する所がたくさんあります。

 

仕事だけの関係で、

本当の信頼関係は構築できるでしょうか。

答えはNoでしょう。

 

仕事だけではなく、プライベートもお互いに知り合うことで、

信頼関係が構築され、仕事においてもプラスの影響があると思います。

 

仕事とプライベート、

どちらにおいても関わっていく姿勢が大事です。

いかがでしょうか?

 

この3つの方法を試すだけでも

人材育成という点で良い影響があると思います。

ぜひ実践してみて下さい。

 

 

dai

2017年4月21日